3D XMLの変換、ファイル修復・ 変換

Spatialの3D InterOp は、3D-XMLなど各種フォーマットの変換を自動的にしかも高品質に行えるので、3Dプロジェクトのワークフローが劇的に迅速化されます。

 
Spatial の3D InterOp コンポーネント:
  • 3D-XMLファイルを自動的に変換
  • 包括的な3D-XML修復・ヒーリング
  • トランスレーションエラーを大幅に低減
  • 市場投入までの期間を短縮し、ROIを加速
 

包括的な3D-XML修復およびトランスレーション

3Dモデリング プロジェクトで専有3D-XMLファイル形式を扱うことは、データを別のフォーマットに変換する場合に課題となる可能性があります。 データの精度はワークフローにとって非常に重要であり、トランスレーションエラーはプロジェクトの遅延や不測のコストを招く可能性があります。
 
Spatial の 3D InterOp コンポーネントは、 この問題を克服します。  Dassaultの3D-XMLフォーマットをはじめ、さまざまなフォーマットを簡単に処理できるよう設計されており、迅速で自動化された高品質のトランスレーションおよび修復機能により、劇的にエラーが低減されるので、プロジェクトのROI向上を図れます。
 

3D InterOp ならば、3D-XML トランスレーションが容易になります

プロジェクト ワークフローの効率性は、さまざまなアプリケーションで使用されている多くのファイル形式から3Dデータをインポートできるかどうかに左右されます。 Spatial の 3D InterOp は、これらのファイル形式のほとんどをサポートしているため、後工程のエンジニアリングアプリケーションと互換性のあるフォーマットにデータを変換するために必要な機能を得られます。
 

3D-XMLファイル修復

3D InterOp の先進的なテクノロジーを活用し、3D-XMLファイル等のフォーマットを容易にすばやく修復できます。
 

生産性向上

3D InterOp の多彩なトランスレーション プラットフォームにより、便利なプラグアンドプレイ機能を使い必要なトランスレータを簡単に接続することができ、わずか数行のコードで必要なトランスレータを追加することができます。
 

3Dプロジェクトのコスト削減

3Dモデリングのデータ トランスレーションを行う従来のアプローチでは通常、トランスレーションエラーが発生すると、プロジェクトのワークフローが大幅に遅滞する結果となります。 3D InterOp の先進的な機能を使うことで、トランスレーションエラーを劇的に低減し、プロジェクトの完了を迅速化することができます。
 

包括的な3D-XML編集・修復、トランスレーション機能

Spatial の 3D InterOp スイートを使い、3D-XML、 CATPart 等、多くのフォーマットの3Dファイルを変換および修復することができます。 ワークフローを迅速化し、コストのかかるトランスレーションエラーを減らし、市場投入までの期間を短縮してすぐれたプロジェクトROI達成を図れます。
 
詳しくは、弊社までお問合せ ください。Spatialの3D InterOp がプロジェクトの迅速化にどのように貢献できるか詳細にご説明いたします。
 
 
 
 

Featured Video

Customers

AlmaCAM
Bosch-Rexroth
Breuckmann
AWR
Agilent
BCT
Alibre
Biesse
AutoDesSys
Bricsys
AVL
Ansoft
ARA
Aicon
Ansys
Build IT

eBooks & Whitepapers

eBooks & Whitepapers

Download technical eBooks and whitepapers on topics including industry challenges and product solutions.

Spatial Facebook Spatial Twitter Spatial LinkedIn Spatial YouTube Spatial Blog RSS

SPATIAL BLEND NEWSLETTER

A quarterly e-Newsletter highlighting industry trends, and includes articles from Spatial developers. Sign up to receive The Spatial Blend.