CATPart の変換、ファイル修復・ 変換

Spatialの3D InterOp スイートは、3D CATPartフォーマットファイルの高品質のデータトランスレーションを行え、ワークフローを劇的に向上させ、プロジェクト開発に遅延をきたす可能性のあるエラーを低減します。

 
Spatial の 3D InterOp コンポーネント:
  • CATPart と各種フォーマット間の変換
  • 包括的な CATPart 修復およびヒーリングが可能
  • トランスレーションエラーを劇的に低減
  • 市場投入までの期間短縮とROI向上を図れます
 

高品質の CATPart 修復およびトランスレーション機能

CADファイルタイプの中でも広く使用されているフォーマットである CATPart は、主として機器メーカーや部品メーカー向けに 3D ジオメトリを提供することに依存しています。 
 
しかし、CATPart とその他のファイル形式間でデータ変換を行う場合にトランスレーションエラーが発生する可能性があり、一般的にプロジェクトに遅延をきたし、開発コストが増大します。
 

しかし、Spatial の 3D InterOp を使用することで、先進的な CATPart トランスレーション機能を得られ、データを他のファイル形式にシームレスにすばやく変換することができ、開発サイクルの大幅な短縮化を図れます。

 

3D InterOp による CATPart データトランスレーション

Spatial の 3D InterOp は広範囲な3Dファイル形式に対応しており、迅速にデータをインポートし、トランスレーションエラーを低減できます。 すべての3Dデータが最適化され、後工程のエンジニアリング アプリケーションで使用できる正しいフォーマットに確実に変換できます。
 

CATPart のファイル修復

3D InterOp の先進的なテクノロジーを活用し、ジオメトリとトポロジの修復など、CATPart ファイルを簡単に自動修復することができます。 
 

プロジェクトのコスト削減

フォーマット間で変換を行う場合、データトランスレーションにエラーが発生するとコストがかかる可能性があります。 3D InterOp を使用することで、迅速で高品質のトランスレーションを行え、エラーを大幅に削減できるので、プロジェクトを予定通りに完了でき、利益化を迅速化できます。 
 

生産性向上

3D InterOp は、必要に応じてトランスレータを追加するための簡単で広範囲のプラグアンドプレイ プラットフォームを提供し、通常はわずか4行のコードを追加するだけで済みます。
 

用途の広い機能

3D InterOp は、CATPart、 IGES 等、すべての主要な3Dデータフォーマットに対応しているため、後工程のエンジニアリング アプリケーションで使用できるようデータを確実に最適化できるトランスレーションおよび修復機能を確実に得られます。 
 

包括的な CATPart コンバータの編集、修復、トランスレーション機能

3D InterOp には、3Dモデリング業界向けアプリケーションの設計および開発に携わってきた Spatial の30年間にわたる実績が生かされています。 強力なマルチフォーマット データ トランスレーション、修復、データ再使用、ヒーリング機能が備わっており、3Dプロジェクトを迅速かつコスト効果の高い方法で完了させるために必要なツールです。
 
詳しくは、弊社までお問合せください。3D InterOp の詳細についてご説明し、使用開始をお手伝いいたします。
 
 

Featured Video

Customers

Aicon
Breuckmann
Build IT
ARA
Alibre
Bricsys
Ansoft
BCT
Ansys
Agilent
AWR
AlmaCAM
Bosch-Rexroth
AVL
AutoDesSys
Biesse

eBooks & Whitepapers

eBooks & Whitepapers

Download technical eBooks and whitepapers on topics including industry challenges and product solutions.

Spatial Facebook Spatial Twitter Spatial LinkedIn Spatial YouTube Spatial Blog RSS

SPATIAL BLEND NEWSLETTER

A quarterly e-Newsletter highlighting industry trends, and includes articles from Spatial developers. Sign up to receive The Spatial Blend.