IGES ファイル修復、トランスレーション、 データ変換

Spatial の 3D InterOp コンポーネントは、データトランスレーションでコストのかかるエラーを発生することなく、高品質の IGES ファイル トランスレーションを行えるので、プロジェクトの完了を迅速化して市場投入までの期間を短縮化できます。

 
Spatial の 3D InterOp コンポーネント:
  • IGESと、 STEP などその他のフォーマット間の変換
  • 包括的な IGES 修復およびヒーリングが可能
  • トランスレーションエラーを低減
  • ワークフローを改善し、生産性および ROIの向上を図れます
 

高品質の IGES 修復およびトランスレーション

Initial Graphics Exchange Specification (IGES) ファイルは、システム間の変換を容易にするために各種CADアプリケーションで一般的に使用されています。 しかし、一般的なトランスレーションのアプローチでは、データをインポートしようとすると、かなりの数のトランスレーションエラーを招く可能性があります。
 
残念ながら、トランスレーションエラーはプロジェクトの遅延を招く可能性があり、市場投入までに時間がかかり、ROIが圧縮されます。
 
Spatial の 3D InterOp の先進的なテクノロジー は、一般的なデータトランスレーションの問題を解決します。 シームレスで高品質のファイルトランスレーション機能を得られるので、IGES ファイルをインポート、修復、使用する必要がある場合に理想的な選択肢となります。
 

3D InterOp ならば IGES データトランスレーションが容易になります

3D InterOp は、IGESなどすべての主要な3Dファイル形式に対応しており、データを後工程のエンジニアリング アプリケーションですぐに使用できるよう完全な最適化を確実にする理想的な選択肢です。
 

IGES ファイル修復

頑健なトランスレーション機能に加え、3D InterOp は、ジオメトリやトポロジの修復を含む、 IGES ファイル等のフォーマットの自動修復を行えます。
 

プロジェクトのコスト削減

残念な事実ではありますが、低品質のデータトランスレーションはプロジェクトに遅延をきたし、コスト超過につながり、ROIに影響を与えます。 その結果として、開発が遅滞するだけでなく、生産サイクルの後工程になってからエラーが顕在化し、不測のコスト増加につながるおそれがあります。
 
3D InterOp はデータのトランスレーションエラーを劇的に低減するので、元の設計意図が確実に保たれます。
 

生産性向上

3D InterOp は充実したトランスレーション プラットフォームを提供するので、必要に応じてトランスレータをすばやく簡単に追加することができます。 独自のプラグアンドプレイ アーキテクチャにより、通常はわずか数行のコードだけで強力なデータトランスレーション機能をすばやく得られ、生産性を向上させます。 
 

包括的な IGES 編集、修復、トランスレーション機能

Spatialの3D InterOp コンポーネントは、強力で高品質の IGES とその他のファイル形式間のトランスレーションを行えるので、エラーが低減され、製品開発のワークフロー向上を図れます。 3Dデータ使用、マルチフォーマットサポート、自動修復機能、ジオメトリやトポロジのヒーリングを備えており、プロジェクトを迅速かつコスト効果の高い方法で確実に完了させるために必要なツールです。
 
詳しくは、弊社までお問合せ ください。3D InterOp の詳細についてご説明し、使用開始をお手伝いいたします。
 

Featured Video

Customers

AWR
Aicon
BCT
Bricsys
Ansoft
ARA
Bosch-Rexroth
Ansys
Breuckmann
Alibre
Agilent
Biesse
AutoDesSys
Build IT
AlmaCAM
AVL

eBooks & Whitepapers

eBooks & Whitepapers

Download technical eBooks and whitepapers on topics including industry challenges and product solutions.

Spatial Facebook Spatial Twitter Spatial LinkedIn Spatial YouTube Spatial Blog RSS

SPATIAL BLEND NEWSLETTER

A quarterly e-Newsletter highlighting industry trends, and includes articles from Spatial developers. Sign up to receive The Spatial Blend.