3D Mesh

3D Meshは詳細な設定が可能なサーフェスメッシュ機能とボリュームメッシュ機能を備えています。3D Meshは、構造解析、伝熱計算、数値流体力学、EDA(Electronic Design Automation)などの、CAE(Computer Aided Engineering)要件を備えたさまざまなアプリケーションにおけるプリプロセスに最適化されています。3D Meshは、カーブ、サーフェス(三角形および四角形)、ボリューム(四面体)の、自動メッシュ生成機能を備えています。3D Meshはスレッドセーフなコンポーネントなので、マルチスレッド アプリケーションでもマルチコア ハードウェア プラットフォームを利用して比類ないパフォーマンスを実現することができます。

3D Meshの特徴:

三角形サーフェス メッシュと四角形サーフェス メッシュ、そして四面体ボリューム メッシュの自動生成機能

マップド メッシュ、境界レイヤー、押出しメッシュ(三角形、四角形、ウェッジ ピラミッド六面体などの各要素)の生成機能

線形要素と放物線要素の生成機能

グローバル要素サイズ、最小要素サイズ、カーブベースのサイズ設定、成長率パラメータなどを自在に組み合わせたメッシュ サイズの制御

小さいホールや領域を無視してメッシュを設定できる独自のデフィーチャ機能とヒーリング機能

3D Meshで得られるメリット

開発時の生産性の向上 

3D Mesh は、十分に定義されたモジュラー形式のコンポーネントでアクセスでき、既存のアプリケーションに統合できるスイートになっているため、プロジェクトにおいて競争力を持った核心的機能に開発力を集中できます。
 

最適品質の結果

CAE)(コンピュータ支援エンジニアリング)業界のコンポーネント ソフトウェア ツールでは有数のサプライヤであるVisual Kinematicsが開発した3D Meshを利用すれば、革新的で商業的に堅牢な製品の実証済みの実績を信頼してアプリケーション開発ができます。
 

収益化までの期間短縮

3D Meshはこれまで複雑であった機能アクセスをシンプルにし、リソース要件をゆるやかにしてアプリケーションの市場投入までの期間を短縮します。

3D Meshを使い生成した四面体メッシュ

3D Meshを使い生成したサーフェス メッシュ

 

Featured Video

Customers

AVL
Breuckmann
Ansys
Bricsys
BCT
AWR
AlmaCAM
ARA
Biesse
Ansoft
Bosch-Rexroth
Build IT
Alibre
AutoDesSys
Agilent
Aicon

eBooks & Whitepapers

eBooks & Whitepapers

Download technical eBooks and whitepapers on topics including industry challenges and product solutions.

Spatial Facebook Spatial Twitter Spatial LinkedIn Spatial YouTube Spatial Blog RSS

SPATIAL BLEND NEWSLETTER

A quarterly e-Newsletter highlighting industry trends, and includes articles from Spatial developers. Sign up to receive The Spatial Blend.