Defeaturing

Defeaturingは、CAE解析エンジニアがメッシュ分割の前に3Dモデルから通常取り除きたい小さなフィーチャーを自動的に識別し、削除します。通常、CAE解析エンジニアは設計と製造に使われているモデルを使用します。しかしこれらのモデルにはシミュレーションまたは解析の目的に適した量よりはるかに多くのディテールが含まれていることがあります。Defeaturingでは、不要なディテールを削除することでモデルをシンプルにします。これは通常、手作業で相当なコストをかけて行う作業です。Defeaturingは解析エンジニアが希望する詳細度を定義できるフィーチャー認識パラメータで柔軟な対応を可能にしています。

Defeaturingの主な機能:

  • 指定したフィーチャーの種類を自動的に識別、削除
  • フィレット、面取り、円穴を処理
  • フィーチャーのサイズまたはタイプでフィルタ

Defeaturingで得られるメリット

開発時の生産性の向上

不必要なディテールを取り除くことで、開発者はシミュレーションおよび解析に適したモデルで作業することができます。

プロジェクトのコストを削減

Defeaturingでは、不要なディテールを削除することでモデルをシンプルにします。これは通常、手作業で相当なコストをかけて行う作業です。

収益化までの期間短縮

Defeaturingでは、解析エンジニアがサイズやタイプに基づいてモデル上のフィーチャーをフィルタリングし、設計、製造、解析に同じモデルを使用できることで、開発を効率化します。

オリジナルモデルR2.5未満の穴やフィレットの自動識別      識別されたフィーチャーの削除

 

Featured Video

Customers

ARA
AutoDesSys
AVL
Agilent
AlmaCAM
AWR
Alibre
Ansoft
Bricsys
BCT
Build IT
Ansys
Breuckmann
Biesse
Aicon
Bosch-Rexroth

eBooks & Whitepapers

eBooks & Whitepapers

Download technical eBooks and whitepapers on topics including industry challenges and product solutions.

Spatial Facebook Spatial Twitter Spatial LinkedIn Spatial YouTube Spatial Blog RSS

SPATIAL BLEND NEWSLETTER

A quarterly e-Newsletter highlighting industry trends, and includes articles from Spatial developers. Sign up to receive The Spatial Blend.