3D Springback

3D Springbackを使うことで、ダイ加工アプリケーションでの3Dモデルのスプリングバック補正をワンステップ メソッドで行えます。このハイレベルなコンポーネントを使うことで、アプリケーション開発者は、時間がかかりミスにも弱いことが多いCADジオメトリの手動再モデリングを行ってスプリングバック補正をかけるのに慣れているツール エンジニアに、自動化されたソリューションを迅速に提供するための手段を得られます。3D Springback搭載アプリケーションを使用することで、ツール エンジニアはツール開発の余分なサイクルから解放されるため、生産性の向上と納品時間の短縮という恩恵を得られます。

3D Springback は以下を提供します。

  • モデルのトポロジーとアトリビュート、G2までの幾何連続性を維持
  • 固定の制約タイプをサポート:フェース、エッジ、ポイント(面、辺、点)
  • リアルでない制約が入力された場合に警告する変形品質レポート
  • 変形の連続した繰り返し全体にわたってモデルのデータ サイズを維持

 

曲線ターゲットポイント ターゲット固定面

 

 

 

 

Featured Video

Customers

BCT
AlmaCAM
Breuckmann
ARA
Aicon
AutoDesSys
Bosch-Rexroth
Build IT
Alibre
Biesse
AVL
AWR
Ansoft
Agilent
Ansys
Bricsys

eBooks & Whitepapers

eBooks & Whitepapers

Download technical eBooks and whitepapers on topics including industry challenges and product solutions.

Spatial Facebook Spatial Twitter Spatial LinkedIn Spatial YouTube Spatial Blog RSS

SPATIAL BLEND NEWSLETTER

A quarterly e-Newsletter highlighting industry trends, and includes articles from Spatial developers. Sign up to receive The Spatial Blend.