AGM

実証された3Dアプリケーション開発フレームワーク

AGM (Application Graphics Manager) は、ユーザーインターフェイス フレームワーク、ジオメトリの取消し/やり直しの詳細、レンダリング エンジンとあらゆる中間機能、他の Spatial SDK との緊密な統合性など、豊富な機能レイヤーを提供します。

Contact Us

実証されたフレームワーク

AGM は、CAE(コンピュータ支援エンジニアリング)、ロボティクス、精密測定、CAD(コンピュータ支援設計)など様々な業界で40社を超える企業に採用されています。

拡張性と緊密な統合性

AGM 開発者は、3D ACIS Modeler、CGM Modeler、3D InterOp、HOOPS Visualize API に直接アクセスすることができます。様々な方法で AGM をカスタマイズしてアプリケーションワークフローのニーズに適合させることができ、その際の制約はありません。

AGM YouTube Playlist
View Product Videos
Visit Our AGM Playlist on YouTube

リスク低減と開発時間短縮

AGM を使用することで、開発者は 3D エンジニアリング アプリケーション開発に実証されたソリューションを得られます。 3Dアプリケーションを開発する場合、まったく何もないところから開発しようとすると膨大な時間とリソースが必要となりますが、AGM を使用することで開発に伴うリスクが大幅に低減されます。

AGM の主な特徴:

3D アプリケーションの共通機能

AGM の中核モジュールは、オブジェクト ライフサイクル管理、取消し/やり直し、保存/復元、選択とハイライト表示、コマンドなど、多くのタイプの 3D アプリケーションに共通の機能性のための包括的なクラスと機能を提供します。 さらに、コード生成機能やプロジェクト ウィザード、デバッグ ツールなど、生産性を高めるユーティリティも幾つか提供されています。

CAE プリプロセシング/ポストプロセシング

AGM を使用することで、商業用等級のプリプロセシング/ポストプロセシング アプリケーションの迅速な開発が可能となります。 1次および2次サーフェスおよびボリュームメッシュ構造を表現するため最適化されたデータ構造により、包括的なプリプロセシング/ポストプロセシング機能が提供されています。 また、このモジュールにはメッシャーやソルバーを統合するためのテンプレートも用意されています。 これらの機能のソースコードは、お客様のニーズに合わせてカスタマイズでき、拡張も可能です。

2D Sketcher

AGM は、一般的なスケッチツールを利用してソリッドモデルを作成する方法を提供します。 つまり、スケッチ面作成、2D プロファイル作成、2D プロファイルの押し出しや回転等を行えます。 このスケッチャは、NURBS、ポリライン、矩形、円、円弧、線分など、ユーザーによる編集が可能なジオメトリに対応しています。

ロボティクス

AGM は、ロボティクス アプリケーションに共通の機能基盤を提供します。 例えば、ロボット表現、ロボット コントローラの接続、作業モデルや治具のインポート、溶接箇所の生成、衝突検知、ロボット マニピュレータ、動画再生など、すぐれたロボティクス アプリケーションに必要不可欠な機能を利用できます。 つまり、次世代ロボティクス アプリケーションを短時間で開発することができます。

C++ を使用した開発

AGM は10年以上前から C++ を使い開発され、最適化されています。 AGM の中核は、合計すると 10万行以上のコードからなるクラスと API から構成されています。 この中核 C++ コードにアクセスして、アプリケーション ワークフローに合わせてさらに機能強化やカスタマイズを行えます。

柔軟な GUI フレームワーク

アプリケーションと AGM モジュールは分離され、適切に抽出されます。 つまり、既存のアーキテクチャの制約を受けずに、アプリケーションに適した GUI フレームワークを柔軟に選択することができます。 AGM には、サンプル .NET C# アプリケーションが含まれており、MFC や Qt など他の GUI を採用することもできます。

Object Lifecycle Management

頑健性とメモリ消費量の観点から、オブジェクトライフサイクル管理は非常に重要です。AGM の Display Object Lifecycle Manager は、専有データとこれに関連するビジュアル形状を維持する各オブジェクトのライフサイクルを管理します。

オブジェクトとビジュアライゼーションの同期

単純なデモアプリケーションとは異なり、商業用アプリケーションの開発では多くの要素を考慮する必要があります。 このような重要トピックの一つが、オブジェクトとビジュアライゼーションの同期です。 例えば、モデルの作成、編集、削除など、単純なモデリング機能。 ビジュアライゼーションの同期は同時に行われねばなりません。 しかし、商業用 3D アプリケーションの場合、これでは不十分です。 操作の途中でコマンドがキャンセルされたら、どのような状況になるでしょうか。 AGM では、モデリング操作であるか否かに関わりなく、オブジェクトとビジュアライゼーションの同期がサポートされています。

すぐに使える高度な実装

従来から AGM は、各ソフトウェア コンポーネントの特性についての深い知識と理解に基づき設計されてきました。 これにより、顧客に 3D アプリケーション開発のパフォーマンス、頑健性、生産性という利点がもたらされます。 AGM ソースコードは提供されていますが、顧客はそれぞれの詳細について知識がなくても高度な機能性を利用することができます。

ケーススタディと資料:

CCCC Success Story

CCCC BIM Case Study: Harbor Design Moves To Cutting-Edge 3D Modeling

Spatial's 3D ACIS Modeler and Hoops Visualize where leveraged for a Custom Solution that meets specific engineering needs while offering a professional 3d Modeling.

Download the CCCC Case Study

Webinar - Accelerate your 3D Application’s Development with AGM

On-Demand Webinar: Accelerate Your 3D Application's Development with AGM

Register
Case Study - Virtual Motion

Virtual Motion Success Story

A new product needed to go to market quickly to generate revenue, however the company lacked time and resources to develop its own 3D geometry kernel. Virtual Motion integrated the 3D ACIS modeling engine and leveraged AGM and HOOPS to accelerate DAFUL software development.

Read Now

Ready to start a project?

Contact us to start your evaluation today.
Request an Evaluation