Glossary - Clash Detection

クラッシュ・ディテクション(干渉チェック)とは

クラッシュ(干渉)とは、デザイン上の2つの要素が同じスペースを占めてしまうことです。ビルディング・インフォメーション・モデリング(BIM)において、干渉チェックは、建物の2つの部分(配管や壁など)が互いに干渉しているかどうか、そしてどこで、どのようにして干渉しているかを特定する技術です。

クラッシュ(干渉)には3つのタイプがあります:

1. ハードクラッシュ:

これは2つの物体がお互いに干渉している状態で、例えば配管が間違って壁を通っているような場合です。

2. ソフトクラッシュ:

これは、対象物のデザインに十分な幾何学的許容範囲がない場合です。例えば、HVACシステムには、メンテナンス作業員がシステムを整備するために活動できるスペースが必要です。建物のデザインにそのスペースがない場合、ソフトクラッシュが発生します。

3. ワークフロークラッシュ:

オブジェクトの干渉ではありませんが、BIMではワークフローのクラッシュ(干渉)は、建築情報の不整合や矛盾から生じます。例えば、HVACのメンテナンススケジュールとスペアパーツの配送予定が一致しない場合などです。

このトピックについてもっと読む:
- 3D BIM InterOp